ローコストで夏涼しく冬暖かい家づくり

夏涼しく冬暖かい家に憧れて、ローコスト住宅でポンコツ営業マンと一緒に精一杯の知識を振り絞り家を建てました! そして押し寄せる後悔、後悔、後悔の嵐! 後悔するも、どーにか工夫して過ごしやすい家になったんではないかと思います! 最近は家庭菜園なんかを始めて、のほほんと暮らしています。

夏涼しく冬暖かい家には基本が大事‼️



夏涼しく冬暖かい家の基本とは?

高気密高断熱

パッシブ設計

日当たりのいい土地

が、夏涼しく冬暖かい家の基本です。

高気密高断熱の家とは?


窓やサッシを性能のいいものにして

断熱材の厚みもしっかり入れる。

気密をとるには

吹き付け断熱が気密がとりやすい

かと思います⭐️

引き違い窓は気密を下げるので

北、東、西には使わないようにする。

パッシブ設計とは?

冬にしっかり日を入れて

夏にはしっかり日を遮り

風通しも考えられてる

自然の力をうまく利用することを

考えて作られた設計を

パッシブ設計といいます😀


パッシブ設計は基本中の基本です。

高気密高断熱の家でも

パッシブ設計が出来てないと、

光熱費のかかる家になるんじゃないかな?


風通しを考えた窓配置で

縦滑り窓をうまく使う😉

夏は日が入らないように

冬にはしっかり日が入るように

軒の長さが重要。

うちにはリビングの南面に軒はないので

YKKのアウターシェードをつけてます❤️

家が建った後でもつけれるのでお勧め🌱

二階は足場がないと

無理って言われたので

二階は建設中じゃないと難しいのかも?

YKKAP アウターシェード グレイ生地 幅1930mm×高さ2500mm 生地幅1838mm 7AN-17622-YS グレイ ホワイト

新品価格
¥24,700から
(2019/2/14 13:48時点)


パッシブ設計がちゃんと出来ているなら

北東西には、遮熱ガラス

南面のガラスは断熱ガラスがおススメです。

コストは同じなので、

使い分けが大事です。

日当たりのいい土地


冬に日が入ると暖かさが全然

違います❗️

南道路の土地は高いですが、

やっぱりそれだけ価値はあります。

南側は9メートルくらい

建物から離れていれば日は

入るんじゃないかと思いますが

南側の建物が

どれくらいの高さの建物か?

にもよるかと思います。

夏にしか土地を見れないと

冬の日当たりをチェックするのが

難しいですよね💦


9メートル離れてないと絶対

日が入らないってわけではありません。

平屋の家の人で、

南側には二階建ての家があっても

昼くらいからは

日が入ると言ってました😊

一日中日が入る家にするには

9メートルくらいは南側が空いて

ないといけない。

って感じだと思います。

まとめ


窓にコストをかけて

間取りでコストを下げる

と、効率よく

ローコストで夏涼しく冬暖かい家

に辿り着けるんじゃないでしょうか?


経験談から、

ローコストで夏涼しく冬暖かい家を

建てるなら

ローコスト住宅に

すべてを、まかせてはいけないですよ‼️

自分の知識ですべてを管理しないと

絶対に後悔します。

ローコスト住宅は無知です。

それだけは覚えておいてくださいね‼️

にほんブログ村ランキングへはこちらから

人気ブログランキングへはこちらから

FC2 ブログランキングへはこちらから