ローコストで夏涼しく冬暖かい家づくり

夏涼しく冬暖かい家に憧れて、ローコスト住宅でポンコツ営業マンと一緒に精一杯の知識を振り絞り家を建てました! そして押し寄せる後悔、後悔、後悔の嵐! 後悔するも、どーにか工夫して過ごしやすい家になったんではないかと思います! 最近は家庭菜園なんかを始めて、のほほんと暮らしています。

キッチンと椅子と私の空間

最近、たまに間取り図を見てると

「家事室」なるものを見つけます。

これの魅力が全く分かってなかったあの頃・・。

キッチンと椅子

うちのキッチンの隅にたたずむ椅子。

たぶんこんな場所に椅子はかなり変だ。

でも、子供達のお手伝い時や

高い位置のものを取るのに

すごく重宝している。

でもそれなら踏み台でもいいって?

折り畳める物もあるしね。

でも違うんです。

椅子だからいいんです。

この椅子は私の空間なんです。

雪見だいふくと椅子


私には小さい2人の子供がいます。

24時間いつも一緒。

そして、24時間いつも一緒だと、

1人になりたい欲がどんどん強くなる。

そんな時座るのが、この椅子。

ここに座ってカフェオレを飲む。

スマホをいじる。

そして、大好きな雪見だいふくを食べる。

ちょうどリビング側から死角なってて、

ガチャガチャっとキッチンで音を出して

キッチンにいるよ、と

存在はアピールしつつも

しっかり自分を隠せる。

たまにカップラーメンを

ズルズルすすっていると

感づいてキッチンに来てしまうけどΣ(-᷅_-᷄๑)



前の家からずっとある椅子。

折り畳めるすごく安い椅子。



これが、前の家の時も同じ感じだった。

リビング横の通路に置いて

この椅子で、

主人はよくカップラーメンをすすっていた。

私も疲れた時に1人になりたくて

よくこの椅子に座っていた。

ずっとそんな存在。


1人になれる空間って、

私にとって、かなり大事だった。

当時は無意識だったけど、

今なら分かる。

1人になれる場所を、

空間を求めてたんだなぁって。

家事室は家事だけの場所じゃない

当時はほんとに家事室の意味が

分からなかった。

アイロン掛けが出来たり、

洗濯を干すスペースがあったりの空間。

アイロン掛けもダイニングテーブルでできるし

わざわざ面積を増やしてまで

家事室とかいるんかなぁ??

とか思ってた笑。

いや、確かに便利。

便利だけど、

それ以上に、

自分だけの空間が出来る。

間取りにもよるかもしれないけど、

ここが自分的には1番魅力的^_^

この椅子と共に

私はこれからも

この椅子と共に生活を送ろうと思います❗️

ここで隠れてカフェオレを飲んで、

雪見だいふくを食べて、

スマホゲームして、ブログ書いて。



このサイズじゃないと

ここには置けないの。

でもこれが壊れたら

MS家さんのような

おしゃれな椅子を買おうかなー( *´艸`)


にほんブログ村ランキングへはこちらから

人気ブログランキングへはこちらから