ローコストで夏涼しく冬暖かい家作り

ローコストビルダーでc値0.9ua値0.6の家を建てました。ローコストで夏涼しく冬暖かい家にするために、どこにコストをかけてどこでコストを削ればいいか?などなど失敗や成功も全部書いていくブログです!

洗濯機の防水パンは必要か?メリットデメリットを考えた結果‼️

うちはローコストビルダーで

建てました。

洗濯機の防水パンは

ついていませんでした😓

最近のハウスメーカー工務店でも

標準でついてるところは少ないのだと

ローコストビルダーの営業さんは

言っていました。

モヤモヤと防水パンの必要性を考えました。


引越しの日、

洗濯機の取り付けも業者さんに頼みました。

そこで業者さんが言うのです。

防水パン必要ですよ‼️って。

防水パンは必要なの?

防水パンのメリット

水漏れ対策

水漏れを起こしてしまうと床が傷んだり

掃除も大変です。

結露水対策

洗濯機の底の部分に湿気がたまって

結露を起こしてしまうようです。

そうなると床が傷んだり

洗濯機が壊れやすくなるのだそう。

防音、防振対策

うちは夜中に洗濯機を回すので、

音も気になります。

そして、

洗濯機が激しく揺れると洗濯機が

壊れやすいと聞かされました。

防水パンのデメリット

見た目

防音パンなしと比べると、

やっぱりスッキリしてないですよね🤔

掃除がしにくい

洗濯機の周りの掃除がしにくいですよね。

防音パンの中も

私はほとんど掃除した記憶がありません😅

コスト

標準でついてないので

取り付けにコストがかかります。



私の要望をまとめると、

コストはなるべく安くしたい

掃除をしやすくしたい

洗濯機が壊れやすくなるのは嫌

床が水浸しになるのは嫌


全てのいいとこ取りが

したかったんですねー🤔

防水パンの相談を家の営業さんにした時に

僕のお客さんがこんなのを買っていましたよと

勧められたのがこれでした↓


一応 耐荷重300kg を買ってみました。

引越しの日にはもう組み立てており、

業者さんに見せると

結露水はなくせるけど、揺れるかもねと

言われましたが、

なんとなく防水パンを売りたいだけ

って感じが滲み出てて、

サクッと帰ってもらいました。

キャスター付き台のメリット

掃除がしやすい

月一くらいで掃除しますが、

埃や髪の毛がすっごい取れます。


万が一水漏れした時も掃除が楽

キャスター付きなので、

動かして隅々まで拭けるし、

濡れた部分を乾かす事も可能❗️

乾いたらまた、コロコロ転がして

元の位置に戻すだけです😀

振動も音も気にならない

揺れもそんなに気になりません。

前の古い家で直置きしてた時の方がはるかに

揺れていました。

音も別に気になりません。

洗濯機のある同じ一階に寝てますが、

夜中の洗濯機の音も聞こえてきません。

起きないだけ??


私はこのキャスター付きの台は

買ってよかったと思ってます🤗


にほんブログ村ランキングへはこちらから

人気ブログランキングへはこちらから