ローコストで夏涼しく冬暖かい家づくり

夏涼しく冬暖かい家に憧れて、ローコスト住宅でポンコツ営業マンと一緒に精一杯の知識を振り絞り家を建てました! そして押し寄せる後悔、後悔、後悔の嵐! 後悔するも、どーにか工夫して過ごしやすい家になったんではないかと思います! 最近は家庭菜園なんかを始めて、のほほんと暮らしています。

外壁にコケが生えるのには原因があった‼️外壁にコケが生える条件とは⁉️

外壁にコケが生えてる家とは?

北側の外壁が汚れてる家を

たまに見ます。

私は、勝手に

北側の風通しが悪くて

湿気が溜まってる場所が

汚れるもんだと思ってました。



違った‼️

これから家を建てる人、

外壁のコケに悩んでいる人の

参考になればと思います〜。

外壁にコケが生える条件

ただただ運でコケが生える訳ではありません❗️

ちゃんと理由があるんです💦

それをまとめてみましたー❗️

北側に建物がない

私の見つけた

北側の外壁が汚れる家は

北側が大きく開けてます。

道路だったり、田んぼだったり。

家の壁の断熱材が薄かったりすると

北側の外壁に冷気が直接当たって

結露を起こして壁が濡れてしまいます。

逆に冬は家の熱と外の冷気で

外壁に結露を起こしてしまいます。

そこでコケが生えてしまうんですね💦

軒がない、または短い

軒がない。

または短い‼️

ほんとそーなんです💦

特に軒のない家は

まだ建って3〜4年とかなのに💦

新築の家も普通に

外壁汚れてるんですよね。

時期的にも工務店的にも

親水セラだと思うんですけどねー😓

雨で汚れ流れるはずなのに💦

うちはローコストビルダーで

建てました。

その時に言われました。

軒は短いと外壁が汚れやすくなる❗️

常に雨で濡れた状態になると

コケが発生してしまいます。

そして軒の役割はまつ毛のような役割です。

雨やホコリ、汚れから

外壁を守ってくれる役割があるんです❗️

何気に頑張ってくれてるんですね〜。

交通量の多い道路に面している

道路に面してると

排気ガス

汚れやすくなります。

外壁に凹凸がある

外壁のデザインも重要。

凹凸が細かいデザインは

汚れやすいなと思います。

汚れてる外壁はそーゆー

デザインが多い。

つるっとしたシンプルな外壁だと

水が壁に残りにくいので

コケが発生する確率はかなり低くなると

思います‼️

そして、やっぱり

白い外壁


色は白


古い家だと白じゃなくても

汚れは目立ってるなぁって

思いますが、

新築の家で汚れてるのは

たいてい白🤔

うちも白にしましたが😑

やっぱり目立つんですよね、白。

外壁の横に植物

光セラの外壁でも

横に置いてる植物の緑色が

外壁についてしまってる画像も

他の工務店のホームページで

公開されてました😖

外壁の横に植物を置くのも

良くないみたいですねー🤔💦

まとめ

原因は主に外壁を濡らしてしまうと

コケが生える‼️って事ですね。

特に北側は日光が当たりにくい。

結露が起こりやすい。

コケが発生する条件が揃ってしまいます。

自分で出来ることは、

外壁の周りに植物を置かない事。

家を建てる前なら

凹凸の少ないデザインにする

軒を長めに出す

壁の断熱材をしっかり入れる

そして、北側の風から守ってくれるような

土地に家を建てるといいです。

北側がもろに開いてると

風をもろに浴びちゃいますからね💦

外壁の塗り替え費用は

足場代も含めて

100万だと聞いたので

恐ろしいですね💰

高圧洗浄機などで落とすのもアリですね❗️


にほんブログ村ランキングへはこちらから

人気ブログランキングへはこちらから

FC2 ブログランキングへはこちらから